2021/04/17

シュトラウス 「影のない女」 ベーム 1955

今夜はリヒャルト・シュトラウスの「影のない女」全曲を聞きました。カール・ベーム指揮ウィーンフィルハーモニーによる演奏、1955年の収録(Documents盤)です。

「アリアドネ」と同様に、ベームの録音を挙げてみます。

1955年11月9日 ライヴ録音 Orfeo盤
1955年11月-12月 スタジオ録音 DECCA盤(Documents盤)
1974年8月16日 ザルツブルク ライヴ録音 Opera D'oro盤
1977年10月 ライヴ録音 DG盤

残念ながら映像は遺されていないようですが、このシュトラウスの「オペラ前中期の最高傑作」にこれだけの録音があるだけでも感謝すべきでしょう。

今回鑑賞したDocuments盤(DECCA原盤)は唯一のスタジオ録音となりますが、録音史上一大イヴェントであったと思われます。それ故か、2011年ザルツブルクでのクリストフ・ロイによる演出は、1955年のレコーディング風景に置き換えるというものとなっています。

なお、このセッション録音については逸話があります。ベームが録音したい熱意に対してDECCAが渋ったために、ベームは報酬を辞退するだけでなく、一発録りという条件でDECCAの首を縦に振らせたそうです。(おかげで、このような記録を世に残してくれました!)

さて、シュトラウスのオペラでは「アラベラ」がとても好きですが、最高傑作となれば、やはり「影のない女」、「ダナエの愛」、あるいは「カプリッチョ」となるでしょう。そして、この作曲家特有の「森羅万象、何でも『音』にすることができる」という鬱陶しさ(?!)を端正な美に昇華できるのは、やはりベームが第一人者となるでしょう。

もちろん、ベームのシュトラウスの魅力は、歌手陣の素晴らしさにあることはもう言うまでもないでしょう。



Richard Strauss
Hugo von Hofmannsthal
“Die Frau ohne Schatten”
Kaiser / Emperor: Hans Hopf
Kaiserin / Empress: Leonie Rysanek
Amme / Nurse: Elisabeth Höngen
Barak, Der Färber / Barak, the Dyer: Paul Schöffler
Färberin, Seine Frau / Dyer's Wife: Christel Goltz
Geisterbote: Kurt Böhme
Erscheinung eines Jünglings: Karl Terkal
Stimme des Falken: Judith Hellwig
Stimme von Oben: Hilde Rössl-Majdan
Einäugige: Harald Pröglhoff
Einarmige: Oskar Czerwenka
Bucklige: Murray Dickie
Ein Hüter der Schwelle des Tempels: Emmy Loose
Chor der Wiener Staatsoper
Wiener Philharmoniker
Karl Böhm
29-30 November and 2, 7 and 10 December, 1955
in the Grosser Saal Musikverein, Vienna
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント